社会福祉法人光寿会

ご相談・お問い合わせは0155-58-6500

職員専用ログイン

REPORT学習療法の活動報告

ペンギン倶楽部 第三期 自由が丘教室 開校式

4月20日、ペンギン倶楽部の自由が丘教室が半年ぶりの再開となりました。

(冬場、バス利用で参加の方々は雪道で足元が悪いので、

ベルデ教室1カ所のみの開催となっていました)

第三期は、自由が丘町内会の町内会長様含め、同じ自由が丘5丁目の方々の参加が多く、

さらに2名のサポーターに協力頂き万全の体制で迎えることが出来ました。

ペンギン倶楽部_H28開講式2

脳の健康教室をはじめ、町内会・地域の方々への取組みが大変重要なのだということを実感しています。

これからも町内会・地域の方々と協力・連携し、「脳の健康からはじまる」様々な

地域貢献活動を行っていきたいと思います。

1ペンギン倶楽部_H28開講式

※ 写真で紹介した方には当ホームページに掲載する事の許可を頂いております。

ペンギン倶楽部 第三期が始まりました!

ペンギン倶楽部 第三期が始まりました(^_-)-☆

 

4月18日(月)に、柏林台教室からスタートしました!

柏林台教室は、12名の受講者様と、3名のサポーターを迎え開校式を行いました。

脳健第3期 開講式 脳健サポーター

 

春になったので、第一期に通われていた方も加わり、「懐かしいわ~。久しぶり♪」と12名で開始しました。

真剣に作業中~

脳健③0418-1

何をしているかというと・・・・・ ドミノに文字のシールを皆さんで貼っています。

ドミノを並べて倒すだけでなく、「文字合わせなどの遊びもできるわね」とドミノの箱を見て挑戦です!! 「数字の駒を並べるよりに高度だわ♡」と細かい作業を熱心に進めていました。 前向きな皆さんは、次々と新しいことに挑戦されていて、とっても素敵です(*^。^*)

第三期も皆様が、健康で楽しく通っていただけるように、スタッフ一同応援します!!

よろしくお願いいたします。

 

自由が丘教室は、4月20日に開講式を行います。

 

 写真で紹介した皆様には、当ホームページに掲載することの許可を頂いております

【大樹町】脳の健康教室「ちゅーりっぷ倶楽部」修了式

3月29日に第14期脳の健康教室「ちゅーりっぷ倶楽部」修了式を行いました!!

初めに10名の受講者様へ1人づつ修了証書をお渡ししました。
皆様引き締まった表情で、修了証書をうけとっていらっしゃいました。

IMG_3652

 

修了証書授与のあと、ひかり管理栄養士 江田愛より
「高齢者の低栄養について~いつまでも健康で元気に過ごそう~」と題し、
バランスの良い食事の大切さ・とり方について話をさせて頂きました。

皆様は話を聞きながら、どんどんと食が細くなっていく中、少ない量でバランスの良い食事を
とる方法を真剣考えていらっしゃいました。

IMG_3662

次にひかり理学療法士 出口隆より「転倒予防~転倒・骨折がねたきりに~」と題し、
転倒の危険性・転倒予防体操について話しをさせて頂きました。

実際に転倒予防体操を行い、簡単な体操でも効果がある事、毎日続ける事が大切である事
を皆様で確認しました。

IMG_3671

脳の健康教室も今回で7年目を迎えました!!
開設当初から受講されている方とは、7年のお付き合いとなります。
これからも皆様の健康維持に少しでも役立つ用頑張りたい!!と改めて感じられる、修了式でした。

IMG_3660

 

脳の健康教室「ちゅーりっぷ倶楽部」第15期が、4月からスタート!!
ご興味のある方の見学受付を随時おまちしております。
是非1度遊びに来てみてくださいね❤

ペンギン倶楽部 第二期終了式(*^。^*)

 『ペンギン倶楽部』 第二期の修了式を行いました。

 今回は、5名の方が、一度も休まず半年間を通われて皆勤でした。パチパチパチ☆彡

寒い時期にも関わらず、元気な姿を皆様の笑顔に、私達も元気をいただきました。ありがとうございます。

最終日は、ドミノを行いました。チームワーク抜群です(^^♪

 3月28日

皆様、半年間ありがとうございました。

引き続き、4月18日(月)から始まる第三期に通われる皆様、よろしくお願いしたします。 第三期は、自由が丘教室を水曜日に開催します(*^。^*)

 

 笑顔いっぱいです(^^♪ マスコット ペンちゃんも一緒に嬉しそうです♪

第2期閉講式(ベルデ教室)

植山院長による「健康教室」を開催しました!

2月23日ちゅーりっぷ倶楽部では森クリニック 植山院長、石川師長をお招きし
「冬場の脳梗塞、心筋梗塞」というテーマに基づき、健康教室を開催しました。
講義の中では冬場の心筋梗塞を防ぐための10項目を教えて頂きました。
2
また、現在手首の不調を訴えられる受講者様には、実際に触診していただきました。
1
今後も定期的にお越しいただき、健康教室を開催していきたいと思います。
植山院長ありがとうございました。

ちゅーりっぷ倶楽部にも鬼がやってきました!

2月2日(火)節分には一日早いこの日、脳の健康教室に二匹の鬼が現れました!
IMG_0270
みなさん張りきって鬼に豆をぶつけてくれました♪
日ごろの運動の成果か皆さんコントロールがいい!
ちゃんと弱点も分かって顔面を狙ってくれます。
よく見ると一匹の鬼はメガネかけてますよ♪
IMG_0269
豆まきの後はみなさんでまいた豆は美味しくいただきました♪
甘酒も飲みながら楽しいひと時が過ごせました。

今年もちゅーりっぷ倶楽部が始まりました!

1月12日 2016年最初の脳健がスタートしました!
今回は、受講者の皆様に今年の抱負を考え書いていただきました。
016 010
学習後のレクリエーションでは、大型かるたを行いました。
IMG_0133
2016年も皆様のご健康とご活躍をスタッフ一同応援します!!
本年もよろしくお願いいたします。

 

ちゅーりっぷ倶楽部に森クリニック 植山院長をお招きしました!

12月22日本日は医療法人社団 慈弘会 森クリニック 植山千秋院長をお招きしました。
「日頃なかなかお医者さんに聞けない悩み」と題し、受講者の日頃の健康に関する相談会を開催しました。
IMG_0007

植山院長は、今年9月1日より森クリニック院長に赴任されており、これまで37年間あまり、
長崎県で勤務医として内科・循環器内科等の診療に携わってきました。

88歳のN様からは「手や指がしびれる。細かな動作に不自由を感じる」との質問に対して
実際に受講者様の手を取り丁寧な説明をしてくださいました。

受講者も健康に関するお話を聞き、植山院長との交流を深めることができました。
植山院長、ありがとうございました。

☆帯広脳健☆帯広市高齢者福祉課の方が見学に来られました❤

12月7日(月)脳の健康教室(帯広)に帯広市高齢者福祉課の佐伯様が見学に来てくださいました☆佐伯様の気さくなお人柄は、受講者の方にも伝わり、

IMG_3068 IMG_3069

すぐに打ち解けられ、一緒にレクリエーションのドミノをしてくださいました(^^ゞ 受講者の方からは、市民の生の声として「市では体を健康にする講座はあるけれど、頭を健康にする講座がないの。是非やってほしいわ!」と要望されていました!

DSC_1352 DSC_1356

光寿会は、これからも、地域の皆様の介護予防を真剣に考え、地域貢献活動に取り組んでいきたいと思います!!

DSC_1334【マスコットキャラクター『ペンペン』です❤】

✿介護新聞に掲載されました✿

2015年12月3日(木)発行の介護新聞に「第14回 学習療法家族交流会」の記事が掲載されました!「認知症問題には地域の力が必要である」というメッセージを多くの皆様にお届けすることができました。 ご来場された皆様、 本当にありがとうございました!                                                 記事はこちらです♬   →介護新聞記事

第14回 学習療法家族交流会 開催

平成27年11月15日(日)
とかちプラザ大集会室にて
 「 第14回学習療法家族交流会 」  を開催しました。

P1090582

当法人理事長 森 光弘 より開会のご挨拶をさせていただき、「これからの長寿高齢社会を迎えるに当たり、認知症問題は避けて通れない問題。行政任せでは乗り超えられない。」とし、「地域の力」が必要であることをお話させていただきました。
また、来年よりこの交流会を「学習療法地域交流会」に名称を変更することをお伝えさせていただきました。

交流会③

 

来賓にお招きした帯広市議会議員渡辺喜代美様は、「光寿会さんがこのような認知症の予防活動を実施してくれるのは地域にとって大きな力になる」というお話をいただきました。

その後、2つの事例発表を、職員による介護劇・ショートムービーを通して披露させていただきました。また、帯広で実施させていただいている「脳の健康教室」の活動報告も、動画を交えて行いました。

2つの事例発表では、涙を拭う方が何名も見受けられ、「とても感動的な事例発表だった。」という感想も頂戴しました。

交流会⑪

 

また、芦別市で「脳の健康教室」を展開されている芦別慈恵園 青柳 和江 様より、活動報告をいただいた上で、トークショーを開催しました。

芦別慈恵園 川邊 弘美 施設長 と 帯広市役所保健福祉部部長 中島 剛 様に壇上へ上がっていただき、「地域の力は認知症を超える」をテーマに熱いディスカッションを繰り広げました。
川邊施設長は、「芦別市が要介護ご高齢者にとって、できるだけ長く自宅で生活できるような街になってほしい。」とし、中島部長は「今後の予測として5人に1人は高齢者となる時代が来る。認知症の方にとって、住みよい街とは、『地域住民が認知症のことを知り、徘徊ができる街』であると考えている。この度設立された、白樺通り地域包括ケア協議会をはじめ、地域全体でそのような街づくりを目指したい。」というお話をいただきました。

交流会②

 交流会④  交流会⑬  交流会⑤

観客席からも多数の意見を頂戴しました。今回は「滋賀県学習療法研究会」の会長をされている新庄一範様が、滋賀県よりはるばるこの交流会の為に足を運んでくださいました。新庄様は「事例発表がとても感動的だった。滋賀県にこの交流会の話題を持ち帰りたい」と話されていました。

今回、約200名の方々にご参加いただき、とても盛大に終えることができました!!

交流会⑫               交流会①

次回よりこの「学習療法家族交流会」は「学習療法地域交流会」へ名称が変わります。長寿高齢化社会を、地域全体で考え、乗り越える為の交流会として今後も開催していきたいと思います。

今回この交流会の為にご参加いただいた方々、本当にありがとうございました。

交流会⑥                 第14回学習療法家族交流会アンケート

学習療法

採用情報