社会福祉法人光寿会

ご相談・お問い合わせは0155-58-6500

REPORT学習療法の活動報告

北海道学習療法実践交流会

10月17日~18日にかけ芦別市にあります 社会福祉法人芦別慈恵園へ行きました。
17日には芦別慈恵園川邊施設長含めたスタッフの方、学習療法センター伊藤副代表、柴田副代表含めたスタッフの方と北海道学習療法研究会を開催致しました。
そこでは道内の学習療法施設が参加しやすいようにと「北海道学習療法実践交流会」と名称の変更が決定され、熱い意見交換が行われました。
その後には親睦会も開催致しました。
研究会芦別1 芦別2

18日には芦別慈恵園主催の「平成27年度学習療法家族交流会」に参加してきました。
当日の午前中には施設見学をさせて頂き、従来型からユニット型へ施設改修をされた施設内の工夫が今後の参考になるものばかりでした。

家族交流会は18名のご家族と道内8施設が集まり総勢約60名の中で行われました。
プログラムはロールプレイ、事例発表2題、おはなしサロンがありました。ロールプレイは職員さんが学習者のご家族に実際に学習者が使用している教材で学習療法を行いました。
職員さん側からは大勢の人の前で正しい学習を実施するという場になり、利用者様家族にとっては同じ教材で学習をすることで同じ気持ちを体験すること、また学習者様の状態を確認する場になったと思います。
学習の事例では学習の工夫や気付きのレベルの高さを感じることができました。おはなしサロンでは参加施設の意見や学習の状況を知ることができました。

毎回芦別慈恵園に訪問すると慈恵園様の「おもてなし」の素晴らしさに感動させられます。光寿会でもこの「おもてなし」の気持ちを見習っていきたいと思いました。
ぜひ機会があれば帯広へ遊びに来ていただければと思います。
川邊様はじめ芦別慈恵園の皆様本当にありがとうございました。
芦別3交流会


学習療法

採用情報